読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

日暮れて道遠し  癌とその後 

2015年初秋に癌を発見し、摘出手術そして放射線治療。気がついたらあれから1年半がたちました。 今日は、癌とその後についてメモ的につらつら書こうと思います。 ■仕事について2016年12月中旬から社会復帰しました。といっても週4のパートです、そろそろ4ヶ…

入るを量りて出ずるを為す2 R1ヨーグルト作ってみた♪

節約第2弾!(第1弾は携帯料金大幅ダウンしたお!はこちら) 腸内環境って大事よね~ ずいぶん前に「もやしもん」読んでて腸内環境に興味を持って、その後、4年前くらいに職場でヤクルトラブな人に出会い、ヤクルトのすばらしさを語られてw んで、その人す…

有為転変は世の習い 私の小さな世界は社会との接点とワールドワイドウウェブ

働きたい願望と前回の復帰失敗の事もあるから働いてまた失敗しないか不安もあって、就活しながらも気分的にはあがったりさがったり。んが、無理はしない事、上昇志向しないでゆるく行く事を決めて楽になった。 そんなことを考えてたら、いい風が吹いてきて前…

歳歳年年人同じからず 心にしみたツノナスと健康

緊張できりきりと胃を痛めながら、乳がんの術後1年経過観察の検査をしてきた。術後は1ヶ月・3ヶ月・半年・1年と経過観察というのは聞いてたけど、初めての経験でどのような経過観察計画なのかまったく説明なかったの、いつエコーとかしてくれるのかな?触診…

愛してその悪を知り憎みてその善を知る 病と想いと現実と

病気とお付き合いしなくてはいけなくなるということ。 気がついたら告白されて、それはお断りできないらしくお付き合いをする羽目になっていました。癌はいつかヨリが戻るかもしれない元彼かな、お断りする強さがほしい。膠原病は友達以上恋人未満つまりはセ…

続・現状維持

3ヶ月ぶりの膠原病の血液検査です。 結果、完全に相変わらずの横這い。 抗核抗体 160 /HOMO 160/SPECKLED 160 これ以外は全く数値に問題なし!ここ3ヶ月は体の不調もほぼ無し。 あんなに毎日痛かった手足も今は痛くても月3回くらいかな、きしむのは。 もう…

臥薪嘗胆 ただのんびり暮らしたいだけなのに

この数値は膠原病かなあ。と言われて4日。膠原病ってなに?からの入り口でよくわからない恐怖とせっかく癌闘病をおえた直後になぜ?という荒ぶる気持ちが入り混じって、もうまったく理解不能だった。 ここ数日、いろいろググりつつ、内容は話半分程度として…

蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる 経過観察は問題なかったの巻

ああ、早いものですな、術後6ヶ月検診。 ついこの前まで放射線治療してたし、なんて思ってたけど、気がついたら摘出手術して半年たっていたのね。 今の胸の状態は、放射線していた右胸は小麦色にこんがり焼けて美味しそう。デビュー当時の早見優みたいなこ…

【癌回顧録】阿弥陀の光も銭次第 癌とお金のお話

癌になって一番大事なのは病気を治すことだけど、そのためには時間もお金も必要。 時間を作るには仕事は休まなくてはならず、その間は無給だし、運が悪ければ職を失うこともあると思う、治療を円滑にすすめるためにも、気持ちの負担を軽減できるお金について…

【癌回顧録】艱難汝を玉にす、と信じたい。退職と不信と睡眠不足の巻

復職きっかけで不安定になってしまい、産業医とも面談を重ね、退職を決断したが、日常的な涙と不眠と吐き気は続く。産業医面談時に、相談してみたの、わからなくて「これは職場の悩みと受け取りますか、癌治療の一環としてとらえますか?」って。というのは…

【癌回顧録】運否天賦 復職したら心が折れてしまったの巻

『仕事とは社会との接点であり、生活を豊かにするものであり、人との関わりであり、メンタルを強くするもの。』 つまりは成長していく上では欠かせないものだと思ってる。 関わりがなくなっていくとしだいに自我が肥大してわがままになってしまうこともある…

【癌回顧録】禍福は糾える縄の如し 治療も一区切りついたと思っていたの巻

長かった放射線治療がやっと終わり。最初の50グレイは右胸全体とリンパのある脇と広範囲に、最後に追加で10グレイは腫瘍があった場所にピンポイントに照射。 最後の2週間くらいは皮膚のただれが本当にひどくなってきて、その他、日常的なめまいとか胃のむか…

【癌回顧録】粒粒辛苦 放射線あびまくりんぐの巻

ああ、わたし乳がんだあ。なんか気持ちの整理がつかないまま放射線治療に突入。 この時期は、告知直後はさすがに涙涙だったけど、夜にはしっかりしなきゃセンサーが働いて、このあとは整理はつかないけど、受け入れるしか無いからと妙に平常心を装って行動し…

【癌回顧録】喪家の狗 ついに乳がん告知されてしまうの巻

病理結果診察前日に病院から電話があった。免疫組織化学染色の追加検査もしたので金額が変更しましたと。まあ、元の金額すらきいてなかったんですけどね、はい。でも追加検査したってことは、あまり良くなかったんだろうなあ、ともやもや。。。 翌日、病理結…

【癌回顧録】朝に夕べを謀らず 悪性なのか良性なのかどっちなの!の巻

退院後はテープでかぶれた部分は1週間程度でよくなったが、全身麻酔時に足の血流を促進するマッサージみたいなつけてて、それが蒸れてしまって両足膝裏に湿疹ができて1ヶ月ぐらい痒い地獄だったわ。傷口は、ガーゼの奥は未知の世界(ちらっと見たけど、桃と…

【癌回顧録】物言えば唇寒し秋の風 腫瘍とりつつ文句の巻

*半分以上が入院ライフの愚痴 入院前に主人と一緒に主治医の説明を聞く。前回は悪いものの可能性が高いと言ってた主治医が良性のスタンスで話してた。主人はなんだ〜良性じゃんとホッとしていた。 これは結果が出るまでの日々を過ごしやすくするためではな…

【癌回顧録】脳内戎馬倥偬 癌らしきものを切ることになるの巻

2015年9月末 紹介状を持参して国立病院へ。とにかく混むので予約時間の45分前には来てくださいと言われてたけど。まあすごいのね、待ち時間、1時間前に行ってたけど結局、総合受付前に予約時間がすぎてしまう。 とにかく、受付を終えて診察へ。でもなんの不…

【癌回顧録】日常からの晴天の霹靂 癌かもしれない何かを発見したの巻

去年の4月だったかな、今年はふと人間ドックを受けようと思ったんだ。 といっても会社の健診だけではわからないこともあるから3年に一度くらいのペースでドックはこれまでも受けてたんだけど、気がついたら4年くらいドックは受けてなかったことに気がついて…

はじめに 言葉の掃き溜めは肥やしになるのか否か

当方、四十路 女 昨年(2015年)秋に乳がん発覚 切除&放射線治療等 外科的治療を終え 復職からの退職を経て、絶賛ニートちゅう。 (からの現在、ゆるく働きはじめました。2016.12追記) この前、テレビみてたら10分くらいのアフラックの帯番組に乳がんを克服し…

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。