狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

はじめに 言葉の掃き溜めは肥やしになるのか否か

当方、四十路 女

昨年(2015年)秋に乳がん発覚

切除&放射線治療等 外科的治療を終え

復職からの退職を経て、絶賛ニートちゅう。

(からの現在、ゆるく働きはじめました。2016.12追記)

 

この前、テレビみてたら10分くらいのアフラックの帯番組に乳がんを克服したお姉さんが出てた。

目指していた仕事もまたできて、前向きにがんばってます!って素敵内容なんだけど、お姉さん3年前だったかな?闘病時の内容を話してるインタビュー中に号泣してた。

 

それみて怖くなったんだ。

あの泣き方同じだったからさ、ああ、三年経ってもこみ上げてこの泣き方しちゃうんだって。

よくわかんない、この感情ってもしかしたら、うまく消えないのかなあって。

 

げーなんだよね、自分的に、制御不能なスイッチ増えるのは。

どう自分と折り合いつけるか全然わかんない。

 

そんで自分の先々を不安に感じたので日々、ブロクに吐き出すことにした。

このブログの方向性も何もわかんないけど、ただただ書くことにした。

 

追記1

このブログで癌闘病中の愚痴を書きまくったの、小さいことも不安も怒りも。

しばらく経って、最近はまったく不安感にかられたりボロボロ泣いちゃうことはなくなった。デトックスは大事ね(2016年4月)

 

追記2

癌治療終わったのに、まさかの血液検査で膠原病発覚。

数値的に異常値ではあるが膠原病としては、それほどではないので現在は定期的な経過観察中。(2016年5月)

 

追記3

めそめそしてらんない。やる気と癒しを求めて猫かいました。愛くるしい。

毎日が楽しくなってきた。(2016年6月)

 

追記3

膠原病も動きがないのでゆるく働きはじめました。

2015年9月に癌治療のために休職して

2016年1月に治療終了し復職したものの2週間程度でメンタル落ちてまた休んで

2016年2月に退職して

そこからずーと療養という名のニートしてて

2016年12月中旬より仕事はじめました。

最初の休職2015.9から仕事行ってないから、社会復帰までかれこれ1年半くらいかかっちゃったね。

まあ、今回の仕事復帰はうまく行くことを祈りつつ、ゆるく生きたいと思います。(2016年12月)

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。