読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

【癌回顧録】喪家の狗 ついに乳がん告知されてしまうの巻

病理結果診察前日に病院から電話があった。
免疫組織化学染色の追加検査もしたので金額が変更しましたと。
まあ、元の金額すらきいてなかったんですけどね、はい。
でも追加検査したってことは、あまり良くなかったんだろうなあ、ともやもや。。。

翌日、病理結果がでました。
悪性でした。乳がんでした。
厳密には、悪性と良性両方の腫瘍がからみあい、悪性の方が割合が大きかったそうです。

ただ、わりとおとなしいタイプの癌だということ。
すでに大きめに切ってあるから、追加の手術はないということ。
リンパへの転移の可能性はかなり低いということ。
放射線治療を60グレイすること。
来週に放射線科の予約を入れたこと。
化学療法等の薬物療法の必要はないということ。
だいたいこんなことを話していいたとおもう。
なんとなく、わかってたけど、実際に悪性腫瘍でしたと告知されると、頭が真っ白になってしまって。
先生の言葉もあまり頭に入らない。
でも、さも冷静そうに、聞いてる自分がいた。

告知だから長くなるかと思ったけど、意外と早く10分程度で診察室を出て、なんか頭はふわふわ。
ああ休職の延長の連絡しなきゃとか考えながら、ふわふわ会計して、主人にメールして、病院をでて、歩いてたら涙がでてきた。
人のいない遊歩道の椅子に座って、しばらくずーと、ひとりで 泣いていた。
もう平気かな、って思って数歩進んで、また涙がとまらなくなって、やすんで。
わかってたんだけど、しょうがないんだけど、もう腫瘍は体に中には無いのに、確定すると、告知されると、こんなに辛いんだな。って痛感した。

そのまま近くの公園に行ってぼーっとする。
公園は人も多いからか、涙がとまる。ありがたい。日常にもどりたい。
声を聞いたり、優しい言葉でもろくなっていたので、極力、連絡はメールですませた。

ああ、来週からは放射線治療だ、どうなるんだろう。
不安だけど、親や親類への報告など、やることもあって、なにがなりやらな日々だった。

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。