読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

有為転変は世の習い 私の小さな世界は社会との接点とワールドワイドウウェブ

働きたい願望と前回の復帰失敗の事もあるから働いてまた失敗しないか不安もあって、就活しながらも気分的にはあがったりさがったり。
んが、無理はしない事、上昇志向しないでゆるく行く事を決めて楽になった。

そんなことを考えてたら、いい風が吹いてきて
前職場から公募出すから受けてみない?とお声を頂いた。
前の職場は復職時こそうまくいかなかったけど、究極のホワイト企業だし、なにより本当に大好きな仲間がいる。
みんなとまた毎日笑いながらランチ食べる日がくることを願ってたから、本当に願ったり叶ったりなタイミングだった。
ただ問題は、以前の仕事量をこなす自信はないし、週5で朝から夕方まで働く体力の自信も全く無い事だった。
責任感をもって仕事はするけど、責任のある仕事をやりぬく気力は今はない、ゆるく生きたい。
ってことで週4程度でパートを探してると話してたりしてたら、すごくいいタイミングで!ぴったりの公募がキタコレ!!!
そんなこんなで2ヶ月間の就活も無事終え、つい先日、書類選考と面接を経て無事に復職きまりました〜。

ああ、良かった。
社会との接点がないとね。
もともとインドアだからさ、無職だと引きこもりしちゃうんだよね。
たいして見たいわけでもないけど、なんとなく自分の選択のみのTVとだらだらとネットサーフィン。
結果考えも偏るし、狭くなる。TV発のぬるい芸能情報に妙に詳しくなる。
なんなら1日中何の情報も動きもない日を連続して過ごしたり。
そうすると会話の相手は主人メインになって、小さい世界のつまらない会話を延々する事になってしまうから聞く方の主人はたまらないだろうなあ、と思ってたのw

抱えきれないほどのものはいらないけど、まあ少しは社会との接点がないと、駄目なタイプだと思ってるので、これで一安心だ。
それに大好きなネットサーフィンもさ仕事とかさ社会との接点がある時の方が楽しんだよね。
いっぱい時間もヒマもあるときにしてても中身や実態のないものばかりみる傾向にあってただの暇つぶしで楽しくない。
多分、外に出ると疑問や好奇心の目がぐんぐん開くタイプ何だと思う、そうするとまた世界が広がって行くんだ。
完全自由は不自由なタイプ。
程よい拘束にこそ快楽(自由)あり!だ。

さて、心配なのはお茶さん。
生まれてから常に誰かいる状態で成長してる。
うちに来てからは毎日私と一緒だし。
昼間だれもいない生活に早く慣れてもらえると嬉しいかな。
どうしよう、逆にわたしがお茶さん離れができなくて『仕事無理〜』とかいってすぐやめちゃったらw

しかし、この1年半すごいいろいろあったなあ。
波が次々とくるからもうひとつひとつの記憶が軽いw
この先も、きっとぐんぐんと環境も変わって行くんだろうけど、もう良いも悪いも何でも受け入れる。
気持ちくらいはゆるく、のんびりいこう、というのが当面の目標ね。

 

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。