読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

流言蜚語 元業界でゴシップ好きで無関係だからこそ!

いやあすごいね 宗教VS芸能事務所
ああ、面白い!カオスカオス


基本的にわたしはギョーカイの常識は世間の非常識だと思っていいて、それは中にいて頑張ってる人に否定はしないけど、それを当たり前だとおもうなよ!という考えです。

わたしは過去にモデル事務所でマネージメントをしていました。
在籍していたモデル事務所は元モデルだった社長が自分だったらこんな事務所に入りたいと思い作ったとても優良ないい事務所でした。

多分都内のモデル事務所では贔屓目に見てもトップ5にはいる事務所だと思います。(トップ3とも思ってるw)

基本的に、事務所はチャンスを与えるところであり、チャンスを掴むのはモデル自身であり結果をだすのも本人です。
事務所はあくまでそのための手助けをするという考えをしていました。

今のその子のために、そして数年後のその子のことまで考えて必要なチャンスを選別して与えるのです。

あとは本来あるべきの完全実力主義
だから、ギャラも完全に7:3で歩合制。(本人が7ね)
やればやるだけ本人のお金になります、たぶんどこの事務所よりもお金にクリーンだったともいます。

そのかわり遠方の仕事の場合は交通費でますが、近場の仕事の交通費も食事代ももちろん家賃や日々の服や化粧代、歯科や美容系の医療費も事務所が出すことはありません。

だからこそ、事務所の責任としても、実力で仕事を勝ち取る資質のある人しか所属させない狭き門でした。
また、出だしの売れない時期は事務所は無利子無期限でお金も貸していました。
ギャラがたくさんでるようになったら少しずつ返済でいいよと。

モデルの質も仕事の質も良い事務所でしたのでモデルさん達の月のギャラは一般の方はびっくりする金額だと思います。

入ったばかりの頃は私も驚きました。

20台そこそこのモデル界では名が通ってても一般の人はほとんど顔も名前も知らない子が月100万とかもらってたり。(まあひと月の8割は撮影が入ってたけど)


あとは、当時私は30代前半の女性としては平均以上の月給を頂いていましたが、月3日とか7日しか働いてないモデルさんでもギャラがわたしの手取りより多いとか。


下手したら、1日のギャラ数百万、わたしの数年分ということもよくあります。
ただね、こんなにギャラがもらえるのは、日々のプレッシャーと体調管理、ちゃんといろんな理由があると働くうちにわかりました。

 

◆その人にしかできない仕事を身ひとつでしていること
・これまでの実績やオーディションで仕事を勝ち取るので

 その人でしか務まりませんん。

・場合によりニキビひとつで賠償問題になる場合もあるくらいシビアです。
・体を壊したら、仕事ができなくなるプレッシャーと戦っています。
・髪ひとつも自分の意思だけでは変えれない時もあります。
・自分の感情と仕事は完全に切り離します。
 どんなに不幸な悲しい事があっても笑顔を求められる仕事では完璧な笑顔で。
 ほかの仕事をしてる方も当たり前の事ですがたくさんの人の前で見られながら

 感情をコントロールするのは本当に大変なことです。

◆先の事がわからない仕事
・実力とは別にはやり、すたり、飽きもあります。
・可愛くて若い子は常にどんどん出てきます。
・人は年をとります、年を重ねた時に需要があるかは別です。
・前日の夕方にやっと翌日の仕事の詳細がでます。
 仕事が確定するかどうかもほとんどが1〜2週間前にやっと見えてきます。
 毎日、明後日の予定、来週の予定、来月の予定は前日まで本確定しないという不安。
・基本的に仕事はオーディションで勝ち取ります

 日に何本もオーディションを受けます、本気で。

 就活の時のエントリー、面接みたいなものが続くのです日に何本も何本も日々、

 そして何本も落ちるのです、毎日毎日、そこそこ売れててもこれは続きます。

 誰でも知ってる売れっ子になるまでオーディションは続きます。
・怪我、メンタル、体をこわしたら終わりになったりします。
・この仕事がなくなった時に転職が難しい職です。

◆毎日がはじめまして
・日々ちがう現場にいくので特に最初の数年は毎日毎日はじめましてのスタッフと

 仕事をします。しかもたくさんの人数、そして初対面の人たちと確実に結果を

 ださなくてはいけません。人見知りなんてしてられないのです。

◆不規則な時間
・毎日決まった時間に働くわけではないのです。

 早朝から深夜までまちまちな時間のなかで体のリズムをつくり体調管理が必要。

・例えば、今日は朝5時集合(3時起き)、結構早く午後3時には終わったとしても

 すでに10時間労働です。また、長時間労働で早朝からテッペン(午前0時)まで

 とかもザラです。
・待ち時間も多く、集中力も操れないとやっってられません。
・日に3本(以上とか)仕事がみっちり入ったりします。
・それで体調を崩したり、肌トラブルすると、とても怒られ、噂になれば仕事も

 減ってしまいます。
・友達ともなかなか会えないし、彼氏なんてできても時間が合わなくて信頼関係を

 築く前に別れちゃうこと多いです。
 
こんな労働環境の中、考えられないくらいのすごいプレッシャーのなか戦っています。
ギャラくらいたくさんあげないと割にあわないと思います。
今後のために貯金だってしたいでしょうし、ストレス解消でお金だって使いたいと思います。
言い方は悪いですが、人よりたくさんもらってるぶん頑張らなきゃと励みにしなきゃやってられない。


できる限り毎日、翌日の仕事を伝える名目でコミュニケーションを取ってました。
実際の声を聞いて、今の状況を把握してました。
愚痴とSOSを冷静に判断できるように気をつけていました。

でも、ほとんどの事務所は違います。
最近のモデル事務所のほとんどは芸能事務所がやってるタレント予備軍みたいな事務所ばかりでプロ意識はかけているし実力主義ではありません。

所属者が多いと、ひとりひとりを把握し数年後まで考えてマネージメントをすることは少なく、マネージャーの好き嫌いで仕事をまわしたり(まあ人間だから多少はしょうがないとは思うけど、嫌いならそもそも入れないか担当代わってやれよとも思う)

適当な大手事務所本当に多いんです。


そして、家賃や交通費、衣装代、医療代を払ってあげるかわりに月給制のところは基本です、多いです。
月給制はまだ売れてない子、なかなか売れない子にはいいとは思いますが

そこそこ売れてる子を月給制にするには事務所は管理も兼ねてたりします。
持っているお金がすくないと遊ぶお金もすくないですし、食事はマネージャーと取ることも増えるのでプライベート管理しやすいのです。


悪い男に引っかかってないか、黒い交友関係ができてないか、薬とかやってないか、あと、最近子は勝手に整形しちゃわないかなどなどお金が余分にあると生活派手にもなるし悪い人も寄ってきますからね。

 

うちの事務所には某大手事務所から女優にならないか誘われて移籍した子がいて

移籍時に2〜3本バーターでドラマに出してもらい、ほらドラマでれたでしょって感じでその後は女優にはさせえもらえなくて結局うちにいた時と一見変わらないモデルの仕事ばかりをしていて事務所が変わった意味がない。しかも変な営業増えるし、ギャラが信じらんないほど激減に下がったと泣きの話が本人からきた事があります。

でもいい家に引っ越したし、送り迎えあるじゃんっで冷たく突きかえすしかできなかったけどね。(別の事務所の子とのやりとりはのちにトラブルになるので)


それでも若い子はたくさんテレビにでたくて、雑誌の専属になって名前が売れてくると大手芸能事務所に移籍する子はちらほらいます。

その後の怖さもしらないまま。。。辞める気の子に説明してもわからないしね。
でもほとんどの事務所は一度入るとなかなかやめれないのよね、うちくらいよ、去る者追わない事務所はw

芸能は本当に怖いです。

**
この先は完全に妄想ですが。。。
彼女はやめたいってずいぶん前から言ってたのではないかと思います。
少なくともSOSは出してたと、担当マネージャーが上に報告してなかったか、または事務所がそもそもメンタル的なことには関わりたくなくて放置してたんじゃないかってような気がします。

本人としては数年前からやめたい的なことを話してるのに、減るどころか増える仕事量、あれ?やめれなんじゃね?わたし的な。
わかってもらえないと言わなくなってたまるストレス。
弱くなる怖くなる気持ちに、以前から信仰していたのなら、まさに駆け込み寺状態でしょう。(そこが天国か地獄かわたしは知りませんが。)
だいたい診断書を疑問視するとかいっちゃう事務所はそうとうブラックでしょう。
どんな病院かしりませんが医師がだした診断書に異議をだすのはどうかと思います。
てか、思っても普通いわなくない?よっぽどひどい診断書だったの???
まあ、診断書としての書式や内容に不備があるならしょうがないけどさ。


今回の教団と事務所の会見全文を読むとすくなくても教団の方が真っ当に感じてしましますね。(まあ真実はどっちか知らんけど)

 

一般的にも辞める時というのは多かれ少なかれまわりに迷惑はかけるものですからね。
あの業界で仕事してた時なんて毎日なにかしらトラブルあったし、もう迷惑とトラブル麻痺状態の業界なのに、被害被害騒ぐのもどうかと思うわ。
その前に、事務所としてたいして対応してなかったんでしょうから。
根性で頑張るのは否定しないし、そうゆう場所なのもわかるけど、ふた昔の前の根性論をやめたい人間に業界の常識を押し付けるのはどうかと思う。

わたしは宗教は自由だし、自分の生き方は自分で決めるべきだと思うので、むしろ今回の件は事務所のブラックが思いっきり暴露されればいいのに!と思ってます。


わたし、あの事務所好きじゃなかったから!あはははは

 

まあ、暴露されないんでしょうけど、きっと。

 

ただ、今後、彼女が主観的にも客観的にもまともで幸せかは、これまた別問題だと思っています。
どっちにいってもイバラ道だとしてもそれはそうゆう生きる道なんでしょうw

いやあカオスカオスすげえなあ、おい。

極端な世界w

あーここ最近のげーのーかいって、すごいよねw
むかしの若人あきら行方不明とか、明菜ちゃんの金びょうぶとかの頃の芸能ネタレベルでのわちゃわちゃしてるのねw
いやあ、みんなゲスでいいねえ。

 

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。