狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

日暮れて道遠し  癌とその後 

2015年初秋に癌を発見し、摘出手術そして放射線治療
気がついたらあれから1年半がたちました。

今日は、癌とその後についてメモ的につらつら書こうと思います。

■仕事について
2016年12月中旬から社会復帰しました。
といっても週4のパートです、そろそろ4ヶ月。
正直、気力体力ともに術前には遠く及ばずです。
特に、頭を使うと、どっと疲れが出て週末はだいたいずーと寝てます。
疲れが取れない感じです。
それでも、家で療養していたころより、ずっといいと思います。
社会と人と関わり、表情も明るくなったと思うし、すこし若返りました。
外にでるって大事だなあとしみじみ。
半年程度で社会復帰になれるだろうから、そしたらフルタイムで働こうと思ってましたがそれについては認識が甘かったとおもいます。
1年2年はこの週4のパートのペースが体と頭にはちょうどいいかなと。
(経済的には厳しいけど)
あとは、疲れが顔にでるのでくま隠しなどで化粧が濃くなりました!

■体について
うううーん。という感じです。
というより、最近ずーと調子悪いんですよね。
いい時が少ない。
・疲れが取れない
・だるい
・摘出している右半身が痛い。
放射線した場所はあいかわらず皮膚は固く、黒く
 引っ張られる感じで痛い。
・背中、とくに肩甲骨が痛い。
・生理中の胸の痛いはんぱねえ

もうこうなってくると、癌とか関係なく更年期障害か??って感じもしますが。
まあ、放射線浴びたとこのが最近また痛い感じです。
というより、いままであんまり違和感を感じることが少なかったのですが、ここ最近違和感が目立ちます。
膠原病の件もあるから、今週あたり検査にいこうかな〜と思っていますが
病院のことを考えると頭いたいです。

■対人について
これは発覚時からなんだけど
今まではそれほど嫌ではなかったのに、人の話を長く聞くことが苦になっちゃいました。
仕事相手だと割り切っているので結構大丈夫なのですが、友人とか近い人の悩みとかナーバスな話をだーと聞くのが無理で感覚的にもう無理ーって体と頭が拒絶してぐったりしちゃう。
相手のことを好きとか嫌いとか苦手とかとは別次元でうまく説明するのも面倒なので、基本的には限られた人にしか会っていません、これは、わたしの甘えですね。
あとは、その中でも共感と優しさがすこし減った上に、傷つきやすいと、結構面倒な人間になってるきがする。
自分が悪いとおもうんだけど、ほとんどのことを「どうでもよくね」と思ってしまってるし。
人の立場になって考える、まであと一歩及ばずって感じです。
社交的になるには、その一歩ができるようになってからしようと今は急がず、お茶さんと旦那さんがいればそれでいいです。
旦那さんに振られないように(笑)旦那さんの話は全力で向き合ってますw

■体重
全然痩せない。
癌だったくせに体に悲壮感がない。

■メンタル
こうイマイチなこと書いてるからメンタルはどうかとおもうと、これは結構安定してる気がする。
制御できない波みたいのは、ない。
どうでもよくね?精神で大抵のことは流せるようになったとこは感じる。
でも反面、がんこになったとこも感じるなあ、メンタルってか性格?
でも次、病気したらメンタル崩れる自信は、あるw おいおい


と、日々忙しく毎日があっという間に過ぎていきますが、春のだるさのせいか
総合するとイマイチ感が拭えない癌からの1年半後です。
でもね、あの時と比べると、全然天国なんだけどねw
なんだかんだ笑顔多いし。
まあ、あそこ痛いとかここだるいとか愚痴れる余裕ができてきたと思いたい。

 

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。