狩婆(Q)思ふ

四十路の現状確認と葛藤。もりもり働いててっぽー撃ってたら癌になってもうた。

水滴石穿 大きな病気を経て考え方がかわったでござーる。

2015年秋に乳がんが見つかりわたしの生活は一変した。
こんなに生活が変わったのは結婚して以来だ。
ただ、結婚はポジティブゆえの変化だったけど病気はネガティブというか
自分の決断によって変化が始まったわけでなく、発覚とともに変えざるおえなかった。
 
独身時代は若かったし、そこそこ健康だし、とにかく仕事は生き甲斐だった。
辛いこともすごく多かったけど、2本足でしっかり生活基盤をたてるため働くことは当たり前だし
ちゃんと働けばお金ももらえるし、やりがいはあったし、友達には本当に恵まれてたし。
今!生きてるわたし!忙しくて物事の流れは早いけどサイコー!って感じだった。
ただ、どこかで倒れたら終わり感は心のどこかにあったな。
いつまで、この生活できるんだろうって。
狭い世界だけど、大きい仕事だったし、世の中の中心にいるって自負してた(こえーっw)
わたしの仕事生活は私生活も仕事の延長上にあって、それが当たり前のままきてて。
仕事と生活の線引きはあいまいだった。
家も、何分で現場に到着できるか?という仕事の利便性のみで選択してたし、ただ寝る場所だった。
 
結婚を決めた時、この仕事はこのまま続けられる仕事ではないことがわかっていたので
がらっと環境を変える決断をした。
自分でもナイス決断だったと思う。
仕事が一番から結婚生活を楽しむこと、いい環境をつくることを第一にした。
収入は減ったけど、時間はできた。
そして世界はもっともっと広いことを知った。
そしてクリエイティビティは生き方だと理解した、どんな生活にも日常にもクリエイティブはある。
自分のための家事からふたりのための家事にシフトした。
これまでまったく未経験の事務の仕事も楽しかったし、わたしは仕事はなんでも楽しめる人間だと、
そして以外にもなんでもできるじゃんって気がついたw
結婚して4年そろそろ欲だして事務でも収入上げたいな、どうキャリアパス考えるかな?って矢先の癌だった。
 
それまでのわたしの時間を癌はまるっと奪っていった。
でもわたしは治療が終わればまたすべてが戻ると勘違いしていた。
そして、戻ることはなくまたイチから自分を作ることに後で気がついた。
治療終了後すぐに復職したものの、いままでの自分と全く違うことに愕然とした。
これまで当たり前にきていたことができない歯がゆさかに混乱しすぐに退職した。
自宅療養をして経過観察1年目を終え、あ!お金ないと気がついて仕事をしようと外にでた。
 
頭の回転が病前程度まで回復するのに治療終了から1年半かかった。
そして経過観察2年目を終え、体力は7割弱は作り込めたような気がするけど、まだまだ振り幅が多く自分で体の管理というか把握は正直今現在もできかねている。
仕事はパート事務へとキャリアダウンしたけど、週4日18時間労働がちょうどいい。
これまでの仕事人生のなかでパートをいうのは実は葛藤があった。
でも自分の体調をちゃんと理解してからは、なかなか居心地いいポジションだと気がついた。
そして1年パートを続けていくと、だんだん考え方も変わってきた。
どうせ実入りの少ないパートで働くなら人間関係も、業務内容もよりよい環境へ。
のちに自分への財産になるであろう環境をつくれるか、またはそのような環境で働こうと。
少ない収入だからこそ、選択することって大事だなって。
選べるような景気の回復時期も後押ししてくれてる。
まあ、もちろん仕事できるパートって前提ありきなんだけどwww
 
生活面では超カッツカツで本当ならパートからせめて契約社員くらいまでにはしたいんだけどね。
まだ、そこまでわたしは体力はないことも理解してる。
カッツカツの生活の中で体力と向き合って仕事を選んでいきたい。
そして知の貯蓄をして自信がついたことに飛躍できるように準備したい。
そんで、できるかぎり部屋は綺麗にして旦那さんと美味しいものも食べて笑って生きていきたい。
最初はネガティブにしょうがなく生活が一変したけど、今できる範囲の中で自分で決断して選択していけるくらいまでになったことが嬉しい。
まあ、あれだ、今も昔もわたしは欲張りだw
 
そして明日からまた、新しいチャレンジが始まる。
ドッキドキだ。

心身一元論 心身ともに平安を望むの巻

心頭滅却すれば火もまた涼し
まあ、根性論って大嫌いなんだけどさ。
ただ、心身のコントロールがある程度、できる余裕がある人間になりたい。
 
がん治療が終わったのがたしか2015年の年末だったかな。
そうすると治療後1年と8ヵ月くらいかな。
もうすぐ術後2年の経過観察の予約が入ってる。
 
今年の夏は暑さや直射日光に弱くなってる自分に驚いたなあ。
そういえば、昨年の夏はがっつり療養しててほとんど外にも出てなかった。
体力の完全なる回復がいつになるかなんて、まったくわかんなくなってきた。
病前に戻る。
という発想自体を変えなきゃいけないと気がついた夏だった。
 
ここが悪いです、という決定的な病名はない。
でも調子悪い。
今月はまた頭痛かったり、微熱でたり、あちこち痛かったり、体がだるい。
こうゆうことに慣れてないので非常に気持ち的にもしんどい。
未知なる病後の体の変化と未知なる更年期でホルモンと免疫のとっちらかり状態
 
でも職場ではそんなの見せないように笑顔を振りまいてるんだけどw
その方が、楽だし、そうすることでなんとなく自分と取り戻すというか、
それ以上落ちないようにしているというか。
 
そんな時に職場にいる癌パイセンからマジ顔で『体調がすぐれなくて気持ちが落ち込んだときどうしてますか?』
と声をかけられた。
 
癌パイセンはわたしより若いんだけど、20代のときに甲状腺癌がみつかってばっさり周辺込で切って
結構大変なものだったらしく術後15年再発がなければ大丈夫といわれ、いまは13年目らしい。
再発期限が15年て、目の前がクラクラしちゃうなか頑張ってて。
わたしが体力回復に焦りと戸惑いを感じていたときに、声をかけてくれたんだ。
10年をすぎたあたりからやっと体力に自信がついたので、まだ1~2年でしょあせっちゃだめだよって。
あの時はうれしかったなあ。
 
そんな癌パイセンも経過観察は良好ながら、なんか今年の夏は体調がわるい。というのが続いてて
鬱々としてしまってるらしい。
配偶者にも、これ以上心配させたくないし、状況をうまく伝えらればいもどかしさ
親からのもう大丈夫でしょというプレッシャーなどでかなり鬱々してた。
すげえ、わかる!わたしも外面いいからヘラヘラしてるけど、おんなじだよ〜!と
マジ凹むよね、夜とか心が修羅場で最悪だよね。
病院じゃあ解決しない体調の悪さなんなの?狂言じゃあねえしとか、ネガティブな話なのに盛り上がるふたり
 
なんか、相談ベースで始まったけど、私の方まですこしスッキリした。
スッキリというか何も解決しなくても、自分だけじゃないというか、私がおかしいのかな、
と漠然とした不安があったんだ。
なんかどこも悪くないのに調子悪いっていってる狼少年化してるんじゃないかとか、そう思われてるんじゃないか
とか。
この微妙な辛さを人に説明するのも面倒で、でも、自分のことは自分にしかわからないんだし、
なんか、いいやとすこし楽になった。
メンタルケアで病院はいってるか聞いてみたら、メンタルで病院にいくのに抵抗があるとのこと。
まあわかるよね、わたしは以前、復職から退職のときにいってみたけど、どう話していいのかわからなくて
こんな話に時間をとってもらっていいのかとか、先生との向き合い方がわかんないだよねえ。
職場には産業医もいるから、まずは気軽に産業医と話すものありかもね、とかふたりで話してた。
最終的には『猫飼うといいよ』ってオチにしてしまって、パイセンには悪かったけどw
 
まあ、かたや、癌治療中すらアルコール飲み続け節制してない適当なわたしと。
癌になってから体にいいことを心がけているちゃんとしてる癌パイセンとは多分違いがあるんだろうけど。
 
しかし、そうか、13年たっても安定しない時というのはあるんだなとハッとした。
 
体調がわるいと心にもわるくて、心がわるくなると、本当にネガティブ思考の泥沼だよね。
自分にも人にもいい状況とはいえないよね。
でもあまり無理しすぎてもよくないし、いい塩梅ってのを探すしかないよね。
むずかしや、むずかしや、ああむずかしや、むずかしや。
むずかしいぜ、夏。
 

たわむれ

休みだったけど暑くて肉団子になりそうだから

外でないで1日お茶さんとごろごろしてた。

 

手枕してたら

f:id:boo_bo:20170719175154j:plain

突然のガブガブモード

f:id:boo_bo:20170719175244j:plain f:id:boo_bo:20170719175314j:plain

おかあさんごめんなさい、ゆるしてぺろぺろ

f:id:boo_bo:20170719175453j:plain f:id:boo_bo:20170719175409j:plain

からの、さらにガブーッ!!!

f:id:boo_bo:20170719175606j:plain

いいかげんにしなさい!アイヤーっ!!!

f:id:boo_bo:20170719175707j:plain

 

なにこのマッチポンプ感、昭和の漫才感w

 

       ・・・・・気がついたら夕方だ、夕飯でもつくろうかな。

 

 

 

広告を非表示にする

人には三日しかない 昨日今日明日

少し前からインスタを始めました。
 
きっかけは6月でお茶さんがきて1年たち、日々たまるお茶さんの写真を外付HDに移行してたら
全然前の写真を見なくなったので、見やすく、整理する方法を考えて、そうだ!インスタだ!
と。
 
ひねくれ者なのでFBとかインスタを避けて通ってたので、どうやるのかなあ?わかんねえなあ
と思いながら始めて、せっかくだから古い写真から当時のことを状況を思い出しながら
少しづつアップしてます。
 
ちょうど、お茶さんを飼うきっかけになったのは癌治療が終わり、でもなんか体調が悪くて
しんどい日が続いてたら、膠原病科もしれないと突然言われて本当に鬱々と家で療養していた
時期でした。
 
主人の実家の隣の庭で野良猫が子供を産み、保護をしていて里親をさがしていました。
そんな状態の私を見て、相談もなしに、お茶を連れてくることを決めてしまいました。
「猫つれて帰るから、よろしくね」ですよw
多分、ネガティブ全開の時期だったので相談したら反対するのをわかってたんでしょう。
 
お茶さんがきてわたしの生活は一変しました。
もう、生まれて数週間の子猫、目が離せないし、めっちゃくちゃです。
自分どころでなくなって、気がついたら笑顔が増えて、体調のいい日が続くようになりました。
 
まだ、完璧ではないけど、外にでて働けるようになったのは、お茶さんのおかげです。
お茶さんパワーすごい!旦那!ありがとう!です。
 
今、順番にアップしていきながら、いろんなことを思い出して
軽く始めたけど、なんだか内面ではすごい作業です、これは始めて良かったかも。
振り返りつつも、明日にすすんでいく感覚。

雨でうつうつ やおいなブツブツ

梅雨はしっかり雨が降ってほしいけど、やっぱり気圧がさがると体調は
いまいちやねえ。
つい先日は真夏のような日差しで、ちょっと強い直射日光にあたっただ
けで夜から腹がくだるわ熱がでるわで2日くらい寝込んでるとこ。
 
暑くてもダメ、気圧低くてもダメってもう、
いつからこんなにワガママボディになったのかしら???
 
うら若き少女なら、なんか儚くてうっとり少女漫画みたいだけど
こちとらババアやからなあ。
かなわんわ、しかし。
 
自分との向き合い方がわかんなくて鬱々するけど、
まあ考えないのが一番いいんだろうなあ。
他に目を向けたいけど、だるくてやる気もない。
という、なんだかなーなここ最近。
 
やるきスイッチどこにある?
今何が欲しい?たとえば健康とお金どっちがほしいか?って話題に
なって、友達が『迷わず健康!健康なら金もかせげる!』
この発言の強さったら!ほんとそうだよ!と激しく同意したわ。
超健康がほしいな。
 
よくわかんねえけど、早く夏こないかな。
気分かえたいわ、まじで。

禍福は糾える縄の如し よくわかんないけど大丈夫ですw

いやあ、4月5月は本当にしんどかった。
通院に医者と話し、会社で上司と交渉し、旦那に借金(!)して
あっちこっちてんやわんや。
 

しかしあれだよね、専門医でもない町医者は安易にレントゲン見て腫瘍とか癌の話

ふらないでほしいわよねw

もう、まじ肺がん覚悟しなきゃいけないのって感じだったもん。
しかし、腫瘍じゃなくってよかった。
 
で、それはそれとして、背中が痛い、疲労感がすごいってのはそのまま医者曰く、

リンパが腫れてるから、ほらよく風邪とかで喉のリンパはれるでしょ?

あれの体内版?肺の入り口だからさ、そりゃあしんどいじゃん
しょうがない
でも腫瘍じゃなくってよかったねー。
 

大事なことは

無理しない、ゆっくりする。

疲れるかな?っていう、疲れる前に休息をとることが大切
といわれ、むりしないで
のんびりしてれば3ヶ月くらいでよくなると思うよー
とあと、無理してこれ以上、
悪化させないようにとクギもさされた。
 
たしかに4月末から5月中旬にかけて検査や通院で仕事休んでし背中痛いから体を

やすめて無理しない日を過ごして、気がついたら痛みがすこし安らいできてた。

もう、何するにも痛くてたまらないって感じではなくなってきてる。
 
もうこれを期にとパートの割には超業務過多でストレスも溜まってたから
勤務時間を
ぐっと短くしてもらった。

短時間契約に変更するのは快く了承してくれた。

んが、最初はさら〜っと業務内容をそのままにしようとしていたので、
勤務時間にあった業務量
に変更してくれとお願いし、しばし保留・・・
若干こじれたが最終的には調整してくれ
ることになった。

今まで通りの業務に、でも結構負担が大きかったひとつだけ引き継ぎはお願い
するけど
外れていいよ、と。やったね!

のだが、なぜか引き継ぎする後任が任命されずに引き継ぎできない。

誰かがやらなきゃいけないから、結局やらざるおえない状態がだらだら続く。

時間は短くなったが今までこなしてた業務量をしなくてはいけない。

息つく暇なく頭と手と体をフル回転させてて余計に疲れてるとこ。

なんなら、最近また背中痛が大きくなってきたし。
 
さすがにマジムカついたので、昨日さすがに話してきた。

外れた業務はもう引き継ぎ以外やりません、できません。

と手放し宣言して、なんかすっきり。
 
なんなんやろ?すごく心配してくれつつも、伴わない業務体制の押付けと
感謝&
申し訳ないと思ってできるかぎり頑張っちゃうわたし。

あれ?これって作戦?なんか、これある意味超絶ブラックじゃんとおもってさ。

会社の都合に合わせてたら、まじ体壊すわ。
ブン投げたらあーすっきりした。
 
***

ちなみに、肺にできものができる膠原病もあるらしいから、そちらも
検査して
もらったの。

もし膠原病の影響だったら肺の腫れは数ヶ月でよくならないで5年とか年単位で
治療
の可能性もあるらしいので。

そしらた、大丈夫でした!よかったあ。

んで、抗核抗体の異常はまあ、免疫の異常ね、膠原病以外にもたくさんあって

今の私は抗核抗体は異常だけど膠原病や病名を決めなくてもいい状態というこ
と
もわかりました。
 
町医者には膠原病内科にいくと、すぐ治療開始になるからそうしたらずーと薬と

付き合わなくてはいけない。

なーんて医者あるあるを教えていただいていたのだが実際、膠原病内科を受診
したら、
まあ、先生にはよるけど今はそんなことないですよ。

ほとんどが経過観察だし、症状でてこないと血液検査もそんなにまめにしなくて
大丈夫ですよ。っと言ってくれて安心した。
 
あとはこんな症状が出たら予約取らなくてもいいから膠原病内科にすぐ来るよう
にって病例や初期症状など詳しく教えてもらって、とりあえず6月から勤務時間も
減るのだからよくなるはずなのでしばらく様子をみようってことになりました。
 

しかし、本当に自信がなくなるのは
まだやれるとか、大丈夫と思ってる自分の感覚
と実際の体のSOSがまだ合致してないってこと自分の体のことをまだ自分自身が
わかっちゃいないのよね。

まああれだ、よくよく考えたら癌手術後も放射線治療後もなんだかんだまだ2年たって
ない無理すんなってことだな。
まあ、やっと明日からすこし肩の荷が降りる(予定w

突然に暗雲が晴れたでござ〜るよ 嘘みたいで笑っちゃう

モヤモヤしていた4月末から5月あたま わたしまためんどくさい病気になるん?と
外の景色と爽やかな風とはうらはらに鬱々とした気持ち。
そして、その不安を煽るかのように
まずは台所で使用してた電源タップが謎落ちして、電化製品一斉に暗転ドーンw
そして突然の愛用電化製品の故障につぐ故障

めちゃヘビロテのmac bookpro 突然の沈黙 
 ロジックボード故障により修理1週間 57,000円@税込
超愛用のBluetooth イヤホン 突然の沈黙 
 どうやっても同期しない。
 めずらしく耳にあう相棒でカスタマイズして超お気に入り。

まじかよ、特にこの出費は痛い!あとイヤホン安いとかそーゆー問題じゃなくて、音聞かせてよ、今の私、まじ心細いんだよう。
弱り目に祟り目じゃん、これから仕事も行けなくなるかもしれないし、治療費もかかるかもしれないのに!!!!
まじ、泣いた。表参道で泣いた。
もうやだ、電化製品に触りたくないщ(゚Д゚щ)どうしよう帰宅して洗濯機とか壊れてたらとか考えて
もうさ不安しかないよね、これ。

そんな、いやがらせの数々のさなかに検査結果発表である。

まじぶるーまじでぶるー

***

まさかの!腫瘍なかったったったったっった!!!!!!
肺のリンパ節が腫れて肥大してて白い影になってたんだって!大丈夫!問題なし!
放射線治療後のガラス状陰はあるけど、これは想定内。
一応、免疫異常の可能性も若干あるからこれを機に、膠原病専門医に受診することにはなったけど抗核抗体も160程度だから、たぶん経過観察で済むと思われる(勝手に楽観的妄想)。
背中痛いはちょっとおいておいてさ、まあとりあえず!

あーーーーーよかった!

からの
ドドドドドドドドドドドドド


突然のBluetoothイヤホンまさかの復活!理由不明、さすが中国製!!!
そんでもって嘘みたいだけど
某アポー社がやらかしてわたしに迷惑をかけてしまったと謝罪の電話があり納期遅れちゃうけどちゃんと治すから今回、修理費無料にするからご勘弁を(略すとこんな感じ)。
といってきた!まさかの57,000円返金。
えええええ、そんなことあるの???初めてなんだけど!!!!

 

わたし見えないものは信じないんだけど、さすがに誰かが祈ってくれたの?お祓いしてくれたの?とか思っちゃうくらいの突然のミラクルの連続だったわ。

 

むしろ頭が混乱。

 

こんなことあるのね。

 

こんなこと、本当にあるのね。

 

文章にすると嘘みたいだけど、本当にまさかの怒涛の巻き返しだった。

 

なんか、わかんないけど、皆様ありがとうございます。

 

狩婆思ふはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。